ファンデの質感と色選び

ローラメルシエ「フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング ファンデーション」
ローラメルシエ「フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング ファンデーション」

 

同じ洋服でも、メイクの質感や色選びによって着映えは異なるもの。

 

特に、ベースメイクはその時代に求められる空気感や女性像といった雰囲気が反映されやすいため、

 

アイシャドウや口紅の色をチェンジするより、意外と効果的かもしれません。

 

 

最近、私がよく使っているのはローラメルシエの「フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング ファンデーション」です。

 

おそらく一緒に購入した化粧下地「ファンデーションプライマー プロテクト」との相性も良いのだと思いますが、

 

私のような色素傾向(色白ピンク肌ではない、健康的な肌色のブルべ冬)でも長時間くすまず明るさと透明感をキープできて好感触なのです♪

 

 

 

 

イエベの方ならば化粧下地を「ファンデーションプライマー ラディアンス」になさると、より一層ラグジュアリーな大人のツヤ肌が楽しめますよ~

 

それぞれに生まれ持った色素を生かしながら旬の肌づくりを楽しみましょう!

 

※2019年SS現在。

秋冬には、スック「エクストラ リッチ グロウ クリーム ファンデーション」やスターオブザカラー「クリームファンデーション」を愛用していました。ブルべで色選びに苦労なさっている方は参考になさってみてください。