· 

意外と簡単!健康を考えるならカレーは自分でスパイスを調合するのがオススメ

 

 

キレイのヒント-その3

 

 

カレーは胃がもたれる…という方は、ご自分でスパイスを調合して作るのがオススメ。不調原因はカレールーに含まれるトランス脂肪酸かもしれません。

 

今日は、北インドで朝ごはんとしてよく食べられているアルジラを作ってみました。

 

日本人にも食べやすいジャガイモのカレーです。

 

今回使用したのは、クミンシード+パプリカ・ターメリック・ガラムマサラなどのパウダースパイス

 

クミンシードは消化を助けてくれ、パプリカはチリ(唐辛子)の一種ですが辛味はなくビタミンCが豊富で抗酸化作用があるスパイスとして広く知られておりインドだけでなくハンガリーでもよく使われています

 

「スパイス=辛い・体に悪い」というイメージがあるかもしれませんが、むしろ整腸作用のあるスパイスや辛くないスパイスも沢山あります。

 

※辛いのが苦手な方は、レッドペッパー(カイエンペッパー)を減らして辛さを調整なさるとよいですよ。